バルーンパフォーマーのイベント活用(介護施設編)

お知らせ介護施設, バルーンパフォーマー, バルーンアート, 活性化, コミュニケーション作り

介護施設での生活は単調になりがちで、体の不自由な方も多いことから、外に出ずに引きこもりがちになってしまう傾向があります。施設としては身体機能の維持、施設入居者の心のケア、入居者同士のコミュニケーションの機会作りなどを目的として、数多くのイベントを開催しています。

例えば毎朝のラジオ体操やパターゴルフを行うことで身体機能の維持や脳の活性化を、しりとりや折り紙づくり、その他ゲームを通じて入居者同士のコミュニケーションを促したり、心のケアを行っています。

介護施設によっては、社会の一員として関わることを忘れないように、地域ボランティア活動に従事させたり、学校や公民館などでのバザーとさまざまな工夫を凝らし、入居者の居心地のよい場所づくりを行っています。

身体機能の維持や脳の活性化、コミュニケーションづくりにおいて、バルーンパフォーマーの活用はとても効果的です。バルーンパフォーマーによるパフォーマンスを見るだけでもとても刺激的で楽しいもの。またバルーンアート制作では、徐々に出来上がっていく作品に心が癒され、制作を通じて発生したコミュニケーションにより人と人との絆を深める効果が得られます。イベントをきっかけに施設内でバルーンアート制作大会など催すとよいかもしれませんね!

イベントに関して、開催内容・企画・進行・その他ご相談につきまして、随時受け付けておりますのでお気軽にご相談くださいね!

LINEアカウント始めました!
バルーンパフォーマー派遣のご依頼、お見積もり、ご相談はLINEからも受け付けております。

【QRコードのアクセス】
【スマホのアクセス】
友だち追加
バルーンアートでバルーンパフォーマーの派遣をご検討の方 お待ちしております